保坂区政2期目に期待します

2015年4月22日 06時25分 | カテゴリー: 活動報告

事務所近くの千歳船橋駅に街頭演説にいらした 保坂展人区長候補

保坂区長とは、この4年間、ともに放射能対策、子どもの人権擁護機関の設置、エネルギー対策、若者支援、世田谷版地域包括ケアなどに取り組んできました。

まだまだ実感できないかもしれませんが、保坂区政となり、基本構想や基本計画を始め、様々な計画や施策に人権の視点が入り、実は、世田谷区政はとても大きく変わり始めているのです。

まかれた種を大きく育てていくためにも、保坂さんに、区長を続けてもらわなければなりません。「決められない区長」と、保坂区長を批判している党もありますが、区民の参加を進め、声を聴き、丁寧に進めることとスピーディーに先駆的に取り組むべきことを、しっかりわけて取り組んでいます。

今、脱原発、人権尊重を掲げている人が区長になることの意味を、多くの人に知ってもらいたいと思います。