成人式を迎えた皆様へ

2015年1月12日 23時26分 | カテゴリー: 活動報告

今日は成人の日。今年の世田谷区の新成人は約7800人です。本日成人式を迎えられた方、そしてご家族の皆様、本当におめでとうございます。

今年の成人式のテーマは「ときめけ ハタチ!~素敵な夢へ走り出そう~」

世田谷区の成人式は、毎年同じ世代の若者による「新成人のつどい実行委員会」が企画・運営をしています。今年も、世田谷区民吹奏楽団の演奏から始まり、世田谷区ゆかりの有名人からのビデオレター、日本体育大学チアリーダー部の演技、そしてウルトラマンが登場しました。

ウルトラマンからのメッセージは「これからはあなた方がヒーローです。あきらめず、全力を尽くせば必ず夢は叶います」。夢に向かって大きく羽ばたいてほしいと思います。

 

今年の新成人は、小学校入学の年にアメリカ同時多発テロ事件があり、中学校卒業の年に東日本大震災がありました。人生に節目に、そして多感な時期に起こったこうした経験を通し、様々なことを考えたのではないでしょうか?

ぜひ、その時のことを思い出し、これからの人生に活かして下さい。

 

そして、二十歳を迎えると、選挙権を得ることができます。日本は民主主義国家で、選挙は政治への意見を反映する機会として大変重要です。でも、20代の投票率は他の世代と比べて最も低いのが現状です。政治への関心が低いこと、自分の生活と政治がつながっているという実感がない、自分が投票に行っても何も変わらない、誰に入れて良いかわからない、入れる人がいない、というのが理由でしょうか?

でも、選挙へのこうした理解は、私たち大人の責任でもあると思います。

 

東北大学調査で、「若年世代の投票率が1%低下すれば、若年世代1人当たり年間およそ13万5000円分の損失が発生する」と試算されました。投票率の低さが、若者施策にお金が配分されない原因と指摘しています。

 

議員の仕事の一つは、何に予算をつけるか、皆さんから頂いた税金を何に使うかを決めることです。自分がどんな社会を作っていきたいのか、何を望むのかをしっかり考え、今年の4月に行われる統一地方選挙で自分の一票を有効に使って欲しいと思います。

 

これからの皆様のご活躍を楽しみにしています。