中高生世代応援スペースがオープンしました!

2013年6月13日 14時21分 | カテゴリー: 活動報告

世田谷・生活者ネットワークは、都議会議員 西崎光子とともに、中高生世代の子どもの成長を支援し、中高生世代の子どもの自立、社会参加を進めるために、中高生の居場所の大切さを訴えてまいりました。

 6月1日、中高生世代活動モデル事業として、千歳烏山駅前に、中高生世代応援スペースがオープンしました。運営は、世田谷区とともに、「NPO法人せたがやっこ参画推進パートナーズ」が行っています。


このNPOは、世田谷区の子ども、若者が地域で楽しく活躍し、「みんなの‘やりたい’が世田谷を変える!」という思いから、若者のやりたいことを手伝おうと、ユースミーティング世田谷で活動してきた若者たちが中心になって、たち上げました。


先日、できたばかりの応援スペースを視察しました。中には、15人くらいの子どもたちが、学習したり、おしゃべりしたり、漫画を読んだりなど、思い思いの過ごし方をしていました。
本立てや机、電子レンジなど、地域の方からの寄付や、いらなくなったものをもらったりと、NPOの若者たちが少ない予算の中、工夫して気持ち良い空間を作っていました。
名称や、開館時間、部屋の使い方など、今後利用者と話し合いながら決めていく予定だそうです。地域の町会、自治会、商店街、地域の方々との交流を進め、地域での活動も進めていく予定です。

 今後も、若者の地域参加を進め、可能性を広げていくために、都議会議員 西崎光子とともに、都と区の協力のもと、こうした居場所づくりなど若者支援に力を入れていきます。