区立幼稚園の民営化に反対します

2013年2月25日 09時50分 | カテゴリー: 活動報告

もともと区立幼稚園を保育園の待機児童解消のために認定こども園にという話は、区立幼稚園に空きが出ていることが前提にあるわけで、世田谷区のように区立幼稚園の定員充足率が高い場合には、やはり区立幼稚園は存続させるべきです。

現在の区立幼稚園を認定こども園にした場合、幼稚園枠は今より小さくなります。そんな中、本当に、要配慮のお子さんや経済的な面から、幼稚園に行けない子がでることがないように今のように受け入れが難しくなる可能性があります。

また、発達障がいやそれが疑われるようなお子さんの場合、私立幼稚園に入園して、年中位になって、他のお子さんとは違うという事で、退園を促されるようなこともあり、その場合、現在は区立幼稚園が受け皿となりセーフティネットの役割を果たしているのです。

そういった途中入園枠も今と同様に確保することは難しくなるでしょう。

私たち会派は、区立幼稚園民営化には反対です。